« 北陸新幹線ダイヤあれこれvol.1 | トップページ | 北陸新幹線ダイヤあれこれvol.3 »

2014年9月 4日 (木曜日)

北陸新幹線ダイヤあれこれvol.2

第2回目は
2001年9月1日現在のダイヤです。

2001_9_1

なぜ、2001年9月1日現在のダイヤなのか?

何か大きな変化があったのか?

・・・

それは、ただ単に2001年9月号の時刻表が家に残っていたからです。

本題に戻って

  速達型 上下各3本 青色 1~6号

  停車型 上り19本下り18本 緑色 500~536号

  各駅停車型 上り6本下り7本 黄色 550~563号
       (562号は欠号)

と、運転パターンが号数区分されていました。

それぞれのパターンについて見ていきましょう。

『速達型あさま』は
開業時と比べて上下1本ずつ減便されています。
最速達は上下それぞれで3・4号で「東京⇌長野」。
その他の4本には『上田停車』が設定され
「東京⇌大宮⇌上田⇌長野」でした。

『停車型あさま』は
開業時と比べて上りで1本増でした。
上りで3本、下りで2本が上田・佐久平通過列車(東京-軽井沢間各駅停車)として設定されていました。

『各駅停車型あさま』は
開業時と比べて上りで2本、下りで3本増加しました。
内、上下各1本が東京-軽井沢間は毎日運転、軽井沢-長野間は金曜日・土休日等に延長運転されていました。

軽井沢発着列車がなくなったので、東京-長野間直通列車の本数が27本になっていました。

上田・佐久平・軽井沢共に上下5~6本ずつ停車本数が増加しています。

次回は、2008年10月1日現在のダイヤです。

|

« 北陸新幹線ダイヤあれこれvol.1 | トップページ | 北陸新幹線ダイヤあれこれvol.3 »

⑦E7系・W7系・北陸新幹線」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。