« Canon EOS 7D MarkⅡ・E2系11/20 | トップページ | E7系F12編成等11/21 »

2014年11月21日 (金曜日)

ろくもん11/21

久しぶりにろくもん撮影。
送り込み回送 115系改S8編成
R2014112101
しなの鉄道線 上田~信濃国分寺間にて

先日、運行開始後(7-9月)の乗車率が発表されましたが
想定の70%にはまだまだほど遠いといった結果でした。

食事付プラン旅行代金12,800円、
果たしてこの値段設定がどうなのか?
ちょっと気になる部分です。
一概に比較してはいけないんでしょうが
他の観光列車よりちょっと高めの設定かなと思います。

正直、特徴のある又はオシャレな感じで食す
ってこの辺り(東信地区)で
思い浮かぶものって何かな?って感じです。
郷土料理は各地にありますが、
果たして、それらをわざわざ電車で食べたいと思うか。

そして、長野-上田間は
車窓の風景は、山々は遠くに見えるものの
ほぼ連続して沿線近くの建物・構造物によって遮られ
それらが目立って目に入ってきます。

上田-小諸間は
建物等が目に入ってくるものの
北には烏帽子岳から浅間山と連なる2000m級の山々と
その山麓が、南には御牧ケ原台地など眺めることができます。

小諸-軽井沢間は
木々が間近に見え、山の中、林の中を通り
そして、雄大な浅間山を望むことができます。

が、しかし長野-軽井沢間は
これといって特徴のある風光明媚な景色が
広がっているわけではありません。

列車の旅で楽しみたい2大要素の食・風景ともに
これといって特徴のあるモノがないので大変難しい。

そう、ぜひこれを食べたい、この風景をゆっくり楽しみたい
といったものが無い・・・。

そうなると、車両に、列車に乗る事に大きな付加価値が
必要ですが、現車両にまた乗る事にそこまでの付加価値が
あるのかは?って感じがします。

細かいことを言えば、1号車の木のプールって必要なのか?
いらない。無くてもいいようなスペース。
子供の為にってことでしょうが。

せっかく楽しみで乗車してもガチャガチャうるさければ
気分半減・幻滅します。早く降りたいと。

生演奏を聴きながらの食事って心が穏やかになります。
その時だけでも何だか心に余裕ができます。

現代社会のあらゆる事柄において
最近ものすごく気になることが
”子供の為に”ってフレーズ。
気を使いすぎ。様子を伺いすぎ。

大人に興味を持ってもらうことの方が大事。
率先して大人が行動し、子供を連れていくぐらいにしないと。

子供に連れられて、子供をだしにしてみたいな
行動をしている大人が多すぎる。

また、30代後半から40代前半にかけての世代に向けて
もっとアピールした方が良いのではないか。

この世代は色々な面から見ても”余裕のない”
”遊び心のない”人たちが多いような気がする。

受験戦争・バブル崩壊・就職氷河期・長期不況等々
こんな社会状況を過ごしてきているからしょうがない
と思うところがあるからこそ少しでもと・・・思うのです。

長々といろいろ言いましたが
9648M ろくもん2号 115系改S8編成
R2014112108
しなの鉄道線 テクノさかき~西上田間にて
この場での撮影は久しぶり。
西上田貨物・臨貨が過去のモノとなった今では
行く機会がありませんでした。

|

« Canon EOS 7D MarkⅡ・E2系11/20 | トップページ | E7系F12編成等11/21 »

⑧しなの鉄道」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。