« ろくもん乗車体験記vol.1 | トップページ | ろくもん乗車体験記vol.3 »

2015年1月20日 (火曜日)

ろくもん乗車体験記vol.2

さて、続きです。

屋代を出ると手前に田園、奥に住宅街が見えます。
01e35e9310b306ddb80f90fad65bd901b9f
住宅街の向こうには日本三大車窓のひとつ
善光寺平の夜景を望むことのできる
JR姨捨駅姨捨の棚田が遠くに見えてきます。

戸倉に到着
012d7393e2a5d79764dde754c25f615a674

01fbc92de3fde8b4dd87147867b32187805
ろくもんと共に
しなの鉄道所属で稼働している3種の115系
戸倉はしなの鉄道の車両基地、多くの車両が留置されています。

戸倉では温泉で淹れたコーヒーお茶振る舞いがあります。
また戸倉上山田温泉名物温泉まんじゅう、その名も六文銭が販売されており1箱8個入りで800円でした。

六文銭っていうなら6個入り600円で箱を開けたら六文銭みたいな、どうでしょう?

戸倉を出ると奥に冠着山(姨捨山)の裾にある
城山史跡公園と戸倉上山田♨に電飾が見えてきます。
夜ならよくわかります。
01ea626d2145bf77c0f737d08e41dc0008b

しなの鉄道線唯一のトンネル、葛尾トンネル内は少々徐行して通過します。
夜の雰囲気を楽しみます。
0118d5e7aa54c0c4bdc7bca6532d499cfe7
調光機能は無いのかな?もうちょっと明るさを落とせば
良い雰囲気になるような。

坂城に到着
010a3d83446302b1da8c4120c2344f88f9c
坂城にはJX日鉱日石エネルギー北信油槽所が併設されています。
荷降ろしを終えたタキ1000がEH200に連結され出発を待ちます。

坂城を出たころやテクノさかきを通過すると田園が広がります。
01c984ebc545069d895144c9357c115d0f5

上田市に入りました。
014dee5b807b1c3e89145eb52162ca7cb9d
西上田の手前で住宅街ごしに奇観『半過の岩鼻』の横の姿が見えてきます。

西上田通過中。
01620566039de050263ac0d021afb04d995
かつては日本オイルターミナルの油槽所がありましたが
現在はメガソーラー発電所になっています。

西上田を過ぎると
01625ceed6f664a1a37d56cad23edbd7e47
田園が広がりその奥には塩田平南端に連なる
独鈷山系連山が見え、
さらに奥には美ヶ原・美ヶ原テレビ鉄塔群が見えます。

上田駅手前では2011年4月にオープンしたアリオ上田が見えてきます。
0124be41d3f119e627c899114d9de74a0f8
この反対側には真田氏の居城であった上田城が見えますが、長野新幹線の高架橋脚ごしで見るようになります。

上田駅2番線入線の頃
01c995d4d0d9de0f8d9a22b860b51c0f7bd
上田電鉄別所線の高架ホームが見えてきます。

上田駅2番線に到着
R2015011801

R2015011802_2
26分停車を利用して3番線からろくもんを撮りました。

今日はここまで

では、また明日。

|

« ろくもん乗車体験記vol.1 | トップページ | ろくもん乗車体験記vol.3 »

⑧しなの鉄道」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。